ドライブレコーダーを自分で取り付ける方法

ドライブレコーダーを自分で取り付ける方法

>

選択肢は車の都合

電源の確保の方法

ヒューズから電源の配線分岐するためには、ヒューズ電源コネクターというヒューズ電源取り出し用のコネクターが必要です。
市販のヒューズ電源コネクターの製品は、シンプルにヒューズに電源線をはんだ付けの施しただけのものや、電源線に管ヒューズ増設を施したものや、取りはずしたヒューズをコネクター使用でのもの等があり、製品によっていろいろです。
ヒューズの種類は、平型やミニ平型他があり、車によく使用されているヒューズ取り出しコネクターを購入しておきます。
オーディオ裏から給電する際は、車の内部の配線から電源確保でも、カーオーディオには電源とアクセサリー電源が接続されていて給電が簡単な場所です。
純正でないオーディオ装着時にはオーティオ取付キット配線からギボシ端子の予備の配線増設してあり、その電源を使います。

配線分岐の作業

オーディオ裏から電源をとる場合で、純正オーディオの場合や予備の配線がわからない場合があります。
その時は、キボシ端子を圧着し電気的に接続する時に使う工具の電工ペンチを使い、ギボシ端子で配線分岐をさせます。
電工ペンチを使用する時には、正しい位置にギボシ端子をセット。
そして、力を入れるなどしてしっかり圧着します。
圧着不足の時には、抜けた配線等が車のボディと触れ、ショートする可能性もあり、車両火災などの最悪の事態になる恐れがあります。
ギボシ端子については、手で配線着脱が可能にするための金属端子で、オス型とメス型があります。
差し込む形で接続して、電気を流す仕組みです。
取り付ける時には、絶縁スリーブをケーブルに差し込み、芯線を適切な長さ出しさせます。
ギボシ端子の2つの圧着箇所において、芯線と被覆を電工ペンチで圧着して作業し、完了できました。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる