ドライブレコーダーを自分で取り付ける方法

普及率より実写をニュースで

自分でドライブレコーダーを取り付ける時は、車のフロントガラスの上の方に吸盤等や両面テープを使って取り付けることができます。
ドライブレコーダーを法律で決まった位置に取り付けして、装置を動かすことができるよう必須な電源やセンサー等のケーブルを見えないように車の内張りの中に配線することが基本になります。
電源などのことで不得意分野の人もいて手間はかかりますが、きちんと手順に沿って、規則通りにドライブレコーダーを取り付ければ自分でできます。
機種ごとに多少異なることもあるので、詳細はドライブレコーダー付属説明書を熟読して製品の通りに取り付けて下さい。
取り付け方の一般的な流れとして、ドライブレコーダー取り付けに必要な道具などで用意しておきたいものなどがあります。
ドライブレコーダーを取り付ける場所のフロントガラスの油膜を、薬品でキレイに除去しなければ装着が弱くなります。
配線のために、車の内張りの部分をはがす工具も必要です。
大半のドライブレコーダー製品については、車のシガーソケットからの給電をすることが多いですが、見た目や視界を確保するためにケーブルなどの配線を中に入れ込みたい場合や駐車監視機能等を追加で取り付けたい時には、車の内部の配線から電源をとる必要があって、少し高度なレベルの作業です。
内部の配線から電源を配電する時には、専用の端子が必要です。
その端子に圧着して取り付けるための工具も必要です。
ヒューズボックス等から電源をとる場合、「ヒューズプライヤー」というヒューズを抜き取っておく工具と、ヒューズから電源を取り出し易くすることが可能なコネクターのキットなども必要になります。

≫ TOPへもどる